専業主婦がカードローンを利用する

専業主婦とは自身には収入を持たず、主の配偶者の収入によって生活をする方を指します。カードローンの利用においては「本人に安定した収入がある方」を対象とする場合がほとんどのため、専業主婦ではカードローンの利用条件が満たせません。

 

しかし、それは消費者金融における決まりであり、銀行の場合には商品によっては必ずしも本人に収入を持っている必要は無いとしています。

 

 

配偶者に安定した収入があり、他社での利用が多くないなどの審査の基準にクリアできれば、専業主婦でもカードローンの利用が出来ます。配偶者に内緒でお金を借りることもできるので、生活費だけでなく様々なお金としての借り入れも、銀行の専業主婦対応カードローンなら可能となります。

 

銀行系のカードローンの特徴

カードローンを利用するときは、大きく分けて3つの種類から選ぶことになります。良く目にするのが消費者金融系のカードローンです。それ以外にも、信販系のカードローンと銀行系のカードローンがあります。

 

銀行系のカードローンと言いますと、消費者金融系のカードローンより敷居が高いイメージを持たれている方も数多くいます。銀行系のカードローンには、消費者金融系とは違った特徴があります。それは、総量規制が適用されないということです。

 

総量規制とは、借り入れ金額を年収の3分の1を超えないようにするということです。例えば、年収が300万円だったとすると100万円以上は借りることが出来なくなってしまいます。消費者金融系のカードローンだと、この総量規制が適用されます。しかし、銀行系のカードローンは総量規制が適用されませんので、年収の3分の1以上でもお金を借りることが出来ます。

 

これは自営業をしようと思っているときに効果的です。自営業をすると、借り入れをしなければならない場面も出ます。会社に勤めているときに、銀行系のカードを作っておけば、自営業を始めたときにカードローンで借り入れを受けることが出来ます。自営業を始めてからだと、審査に通らなくなってしまうこともあるので注意しましょう。

 

様々な方の役に立つカードローン

専業主婦に限らずカードローンはお金のピンチに頼れる商品となり、手軽にお金が借りられるため、困ったときには周りに迷惑をかけずにお金の悩みが解決出来るようになります。一度契約をして限度額が設定されれば繰り返し使えますので、今後のお金の借り入れにも対応が可能です。

 

専業主婦が借りる場合には専業主婦用のカードローンを使う必要がありますが、それ以外に自身に収入をお持ちの方であれば、幅広い選択肢からカードローンが選べます。

 

早めに返済を完了するメリット

返済が長引くことを、歓迎する方はいません。滞納してしまうと記録として残ってしまいますし、信用を失います。だからこそ返済は早めに完了し、次のカードローンに繋げましょう。また、早めに返済を完了することで得られるメリットもあります。

 

第一のメリットは、利息の影響を少なくできることです。利息は、返済が長引くほど増えていくので、まず返済自体を終わらせなくてはなりません。返済に躓いている方の中には、毎月の返済が利息だけで終わる方もいます。これでは返済が完了しないので、早めに返済してしまいましょう。一括返済や繰り上げ返済を使えば、不可能ではありません。

 

また、精神的に楽になるのは間違いありません。毎月の収入がどんどん返済に吸い取られるのは、決して気分の良いものではありません。早めに返済のない日々を取り戻して、気を楽にして次の借入に備えましょう。また、これは企業側にとっても同じことで、さっさと完済してくれる人ほど信用できるのです。

 

ボーナスなど臨時収入が手に入った時は特に、完済するスピードを上げましょう。スピードが上がるほど利用者と企業、どちらにもメリットが大きくなるので、計画的に無理をしない範疇で、返済に当てましょう。

 

利息を抑えて返済を進める

カードローンを賢く使うならなるべく利息を抑える必要があります。利息を抑えるためには金利の低い借り入れを利用するとよいので、やはりここでも銀行のカードローンが生きてくるのです。

 

消費者金融系のカードローンは手続きが早く、最短即日で借りられるメリットがあります。その反面、金利が銀行よりも高くなるので、どうしても返済負担が大きくなってしまうのです。

 

銀行なら消費者金融よりも低い金利で借りられる場合も多いので、銀行の借り入れでも早い審査に対応をするオリックス銀行カードローン即日を見ておくと良いでしょう。